保険代理店の方にご利用頂ける制度・サービス

他の代理店との差別化・新たな収益チャネルを図りたい方へ

保険代理店も単なる保険の提案、手続きをするだけではなく付加価値を持ったサービスやコンサルティングの内容等によって顧客から選ばれる時代です。とくに中小の保険代理店は、規模の面では大型代理店にはかないません。これからは独自のサービスやアフターフォロー等で差別化を図っていく必要があると私たちは考えます。また、FP関連の相談実務を行うことによって、保険代理店としての価値や顧客からの信頼度も向上するものと考えます。

弊社ではこれまで保険の代理店手数料以外に収益となるFP関連業務を育てて参りました。こうした弊社のサービスを活用し、他社との違いを出しさらなる発展を考えられている代理店経営者の方に限り活用できる、3つのツールを提供させていただきます。それぞれのサービス概要をご覧いただき、ご興味を持たれた場合にはお問い合わせください。個別にサービスのご説明やご活用の方法等をさせていただきます。

選択制確定拠出年金(401k)導入取次店制度

まず御社が選択制401K制度を案内する弊社の取次店となっていただきます。弊社が扱う選択制確定拠出年金(401k)は中小企業に強みを持ち運営機関の中でも業界最低水準の低コストで導入が可能となっています。企業にとっても加入する従業員にとっても様々なメリットのある「選択制確定拠出年金(選択制401K)」制度を活用している企業が増えています。退職後の生活費の一部を準備できるとともに、様々な税制優遇も受けられます。役員1名からでも加入できる制度ですので、御社の既存顧客の中での提案や新規顧客開拓のツールとして活用ができます。

制度についてご興味のある場合にはご連絡をください。

不動産取次店制度

顧客から様々な相談を受ける中で、不動産の話になるケースもあるのではないでしょうか。知り合いの不動産業者に話をつなぐケースや対応できずに話がそれきりで終わってしまうケースなどあると思います。不動産の話になった場合には苦手意識を持たず、顧客の心配事項や問題解決を支援することはその後の信頼関係をより深めていく良い機会になると考えましょう。

弊社は生損保の乗合代理店と不動産業を営んでおり、生損保の既契約者からは相続に伴う住宅売却の案件や住宅購入相談など、不動産に関わる様々な相談案件が入ってきます。また不動産業務から保険に繋がることも多々あります。これは保険代理店業務と不動産業務の両方を行っていてたからこそシナジーだと考えます。

不動産取次店制度を活用していただくことにより案件が成約した場合には既定の紹介料のお支払いのほか、ご紹介いただいた顧客にとってもメリットがある内容となっています。

不動産取次店制度に興味をお持ちの方はご連絡ください(不動産実務は弊社にて行います)。

※2016年現在、不動産取次店制度は東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城エリアに限らせていただいております。また、同エリア内でもご希望に添えない地域もございますので予めご了承ください。

銀行振込手数料削減サービス

法人のお客様については売上を上げることはもちろん、経費削減に関心がある場合が多いと思います。会社経費の一つとして取引先に支払等を行う際の「振込手数料」があります。1回の金額は少ないですが、年間で考えるとコストがそれなりにかかっているケースも少なくありません。

この「振込手数料」を削減できるサービスを、御社の顧客にご案内されてはいかがでしょう。導入費用や月額の基本料等は一切かからずに、振込手数料のコストを削減できるサービスです。法人や個人事業主の新規開拓や関係構築を図るためのドアノック商品としても活用できます。

お問い合わせはこちらから