代表ブログ

「保険代理店主の相談窓口」のターゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社で作ったリクルート案内として作った映像です。

3名の社員が出演しています。良かったら見てください。(動画約3分)

https://www.fp-hanazono.jp/c_recruit.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「保険代理店主の相談窓口」のブログをご覧くださりありがとうございます。

宮本です。

4月2日から本店でのFP相談業務を希望する業界未経験者を採用しました。

しばらくは、見習い期間が続くかと思いますが未経験からCFP6科目も取得しこれからの活躍が楽しみな人材です。

FPとして仕事をできるところをネットで色々検索したところ、弊社のホームページがヒットしたそうです。

★ファイナンシャルプランナーズ花園 FA社員 採用ページ

https://www.fp-hanazono.jp/c_recruit.php

映像閲覧数もここにきてだいぶ増えてきました。

ユーチューブで

「FP 採用」

と検索すると一番最初に表示されます。

映像だと文章とはまた違って、雰囲気が伝わるので良いですね。

映像制作コストも下がり、映像を使ったマーケティングがこれからどんどん進化しそうです。

 

「保険代理店主の相談窓口」のターゲット

 

日本全体の法人数が年々減ってきていることは、皆さんもご存じの事だと思います。

利益が出ている企業でも、後継者が見つからずに廃業に追い込まれるケースが増えているのです。

事業継承の問題はどの業界でも深刻になってきていますが、私たちが属する保険業界も例外ではありません。

保険業法の改正などもあり、個人や小規模で代理店としてやっていくのが難しくなったという背景もあります。

今後、後継者問題で困る代理店が増えてくるだろう、そういう人たちをサポートできる体制を作ろう、と始めたのが

「保険代理店主の相談窓口」

です。

昔は手書きの書類だったのが、パソコンやタブレットに変わっていき、その操作にも慣れていかなくてはいけない。

また、法改正が進む中で、保険会社主導で言われたことをやっていれば良かった管理体制も、自分で整えていかなくてはならない。

さらには、個人で経営している代理店主は国民年金で、満額もらったとしてもそれだけの年金で暮らしていくのは明らかに難しく、現実には仕事を辞められないだろうという想定もして、このホームページの開設当初は年配の代理店主からの相談が多いだろうと考えていました。

いざ始めてみると、実際、年配の方からの問い合わせもあったのですが、相談に乗っているうちに、年配の代理店主さんとは最終的には話がまとまらないことが多いということも分かってきました。

お金の損得や、今後のメリットデメリットを考えると、合併した方が良いことが頭では理解できても、それによって出てくる制約を受け入れることがなかなかできないのです。

一国一城の主で長年やってきたので、誰かに言われたことをやらなくてはいけないということが感情的に許せないということもあるかもしれません。

態勢整備や保険会社からの勧告といった火が近くまで迫っていても、実際にはまだなんとかなると思っている、というか現実から目を背けていたいというのが本当のところかもしれません。

また、その時々によって気持ちが変わる人が多いことも分かってきました。

仲の良い代理店主さんが病気になって廃業した。

去年まで元気に顔を合わせていたのに、亡くなったという話を聞けば、自分もどうにかしなくては、と焦るのに、ちょっと仕事や気持ちが上向きになってくると、まだまだ一人でやれるかな、という気持ちになるらしく、今まで打ち合わせをしていたことがそこで止まり、そこから話が進まなくなります。

厳しい言い方になりますが、こういう人はきっと行き着くところまで行かなくては決断できないんだろうなと思います。

残念ながら、その時にはその代理店としての価値は今よりも下がってしまっているだろうし、取れる選択肢も限られてしまうでしょう。

でも、それも生き方かな、とも思います。

後あと本人が後悔しなければ良いのですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事はこちらから