代表ブログ

場をコントロールする力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ、宮本です。
 
 今日の本題ですが、つい最近自分でも感じることがあったので

 「場をコントロールする力」

 について、話したいと思います。

 
 実は、この

 「場をコントロールする力」

 というものがあるのを、そもそも意識しているかどうか、ということも
 あるのですが。

 これができるかどうかによって、
 稼げるFPになれるかどうかの大きな要素だと個人的には思っています。

 もしかしたら相談技量以上に大事な事かもしれません。

 多分、ほとんどの人はここに気づいていないか、
 できていたとしたら意識して。というよりは、経験により自然と身につ
 いていったというのがほとんどじゃないか、と思います。

 具体例を挙げてみましょう。

 ちょと想像(イメージ)してみてくださいね。

 あなたは相談業務を終えて、相談者の方から保険の実行援助まで依頼される
 ことになりました。

 特になにも考えていなければ、依頼されたことで安心してしまうかもしれま
 せん。

 でもここで安心してはダメです。

 そして、次に手続きの日程を決める訳ですが

 一番最悪なのは、相手の都合から聞く人です。

 「え~、なんで!相手の都合を聞くのって当然じゃないの」

 「自分の都合から言うのではなく、相手の都合を優先させるのはマナー
  でしょ」

 と思うのではないでしょうか。

 昔の私もそうでした。(笑)

 
 でも、これではダメなんです。

 では、どうするか?

 とても簡単です。

 あなた:
 
 「手続きする日程を決めたいのですが、○○さんのご都合にもよりますが
  ちなみに○日の何時と○日に何時ではご都合はどのようになっていますか」

 と私なら今は言います。

 言い方はたどたどしくても構いません。
 
 意味が通じればOKです。

 これだと、

 「○○さんのご都合にもよりますが」

 と一言を入れることで、相手への気遣いの現れになります。

 そしてさらに

 「ちなみに」

 という言葉をいれることで、いきなり何日と何日と断定した日ではなくなり
 言葉に柔らかさを付けることができます。

 
 言い方は柔らかいですが、日時の主導を自分がしていることが分かりますか。

 これが

 「場をコントロールする力」

 です。

 多分ほとんどの人は意識していないと思うのですが、人って決める事って結構
 面倒な事なんです。

 だから、こちらから選択肢を提示することにより、決断をするのにしやすく
 する環境を整えていると思えば良いでしょう。

 では、あなたが提案した日程がどちらもNGだった場合はどうするか?

 これも簡単です。

 「では、ご都合の良い日時を2~3挙げていただいても宜しいですか?
  その中で調整ができればと思います」

 
 こう話すことで、相手にコントロールの力をいったんは、渡しますが、
 最終的に日程はあなたが決める事になります。

 なんか、

 「場をコントロールする力」

 と書くと、どっちが主で、どっちが従と思う人がいるかもしれませんが、
 コミニュケーションを円滑に進めるためのテクニックがあればそれを上手に
 使う事も大事だと思えれば良いでしょう。

 あとは、言い回しなどそれぞれアレンジしてきてくださいね。

 
 こういった話しをもっと直接聞いてみたい方は、こちらからも申し込めます。

  http://fp-florist.com/seminar/seminar20170314/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事はこちらから